Skip to main

[本リリースは、2022年2月10日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]

Kasperskyは、2021年Gartner Peer Insightsの「Security Awareness Computer-Based Training(セキュリティ意識向上のためのコンピュータベース・トレーニング)」部門において、「Customers’ Choice」※1に選定されました。Kasperskyは、エンドポイントプロテクションプラットフォーム(EPP)ベンダーとしては唯一、EPPとセキュリティアウェアネスの両部門でCustomers’ Choiceを獲得しています。

2021年は、人々はオンラインで仕事やコミュニケーションを行い企業は従業員や事業を守ることに意識的になり熱心に取り組む中、セキュリティが注目された年でした。教育やトレーニングは、人々や組織が正しい選択をし、オンラインで自らを守るための知識やスキルを身に付ける上で大きな役割を果たします。

Gartnerの「Voice of the Customer」レポートは、企業のITセキュリティのリーダーが、各ベンダーが提供するコンピュータベースのセキュリティ意識向上のトレーニング製品の概要を把握できるようにし、既に導入・運用している企業の経験談を提供するために、Gartner Peer Insightsのレビュー情報を集約したものです。信頼性を確保するため、全てのレビューに対してGartnerの厳格な検証と確認が行われます。

Kasperskyは、2021年のVoice of the Customerレポートにおいて、Customers’ Choiceに認定されたセキュリティアウェアネス製品提供ベンダー4社のうちの1社であり、総合的にユーザーから最も推奨を受けたベンダーでもあります。当社は104件のカスタマーレビューを得ており、その98%が当社のソリューションを推奨するとしています※2。また、四つある評価項目のうち、製品能力、導入経験、サポート経験で5点満点中4.7点を獲得しました。さらに、76%のレビューユーザーがKaspersky Security Awarenessトレーニングソリューションの総合評価を5点満点中5点としています。
Kaspersky Security Awarenessトレーニングソリューションへのお客様からのフィードバックには、個別の学習アプローチ、効率性、関連性、利便性に対する高い評価が含まれています。

今回の選定は、お客様から高い評価をいただき実現しました。その声をご紹介します。
「Kaspersky Automated Security Awareness Platformトレーニングを選んだ理由は、従業員の日常業務に関連しているからです。このトレーニングには、従業員が自分で思い当たるような実生活の場面の例が含まれており、学習により情報を保持することに役立てています。トレーニングを使い始めて3カ月後には、従業員に関連するインシデントが減少しました」(小売業、意思決定者)
「Kaspersky Adaptive Online Trainingは、問題解決型の学習を提供し、学習者への適切な難易度を保ち、同じトピックについても異なるアプローチを用います。管理者は学習者の進捗状況を常に把握することができます」(製造業、セキュリティ担当者)

Kaspersky 事業開発部門の責任者エレナ・モルチャノワ(Elena Molchanova)は次のように述べています。「このような栄誉を授かったのは、当社のセキュリティ教育に関する深い専門知識と、企業がどのように従業員を教育して最高の成果を上げたいとお考えかを理解していることの証しです。お客様のフィードバックを常に当社の豊富なサイバーセキュリティの経験や、VR技術などの最新の学習トレンドと組み合わせることで、効率的で実用的なセキュリティ啓発ソリューションを提供していきます」

・Kaspersky Security Awarenessトレーニングソリューションについて詳細は、こちらでご覧いただけます。 

※1 Gartner, Gartner Peer Insights ‘Voice of the Customer’: Security Awareness Computer-Based Training, By Peer Contributors
Gartner Peer Insightsのコンテンツは、当プラットフォームに掲載されているベンダーに関するエンドユーザー個人の経験に基づく意見であり、事実の記述として解釈されるべきではなく、Gartnerまたはその関連会社の見解を示すものでもありません。Gartnerは当コンテンツに掲載されているいかなるベンダー、製品またはサービスを推奨するものではなく、当コンテンツに関して、その正確性または完全性について、明示または黙示を問わず、商品性または特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。GartnerおよびGartner Peer Insightsは、Gartner,Inc.および/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標であり、許可を得て使用しています。無断転載を禁じます。
※2 対象は、Kaspersky Cybersecurity Training(Kaspersky Security Awareness)、Kaspersky Adaptive Online Trainingです。全ての評価およびレビューは2021年10月時点のものです。

■ Gartner Peer Insightsは、ITプロフェッショナルやテクノロジーに関する意思決定者による、ITソフトウェアとサービスの評価やレビューを掲載するオンラインプラットフォームです。ユーザーからの客観的で偏りのないフィードバックによって、ITリーダーがいっそうの洞察力を持って導入決定をし、テクノロジープロバイダーが製品を改善できるように支援することを目的としています。Gartner Peer Insightsには、340以上のマーケットにおける35万件以上の検証済みレビューが掲載されています。www.gartner.com/reviews/home

Kaspersky、2021年Gartner Peer Insightsの「Security Awareness Computer-Based Training」部門で「Customers’ Choice」に選定

Kasperskyは、Customers’ Choiceに認定されたセキュリティアウェアネス製品提供ベンダーの中で、総合的にユーザーから最も推奨を受けました。また、エンドポイントプロテクションプラットフォーム(EPP)ベンダーとしては唯一、EPPとセキュリティアウェアネスの両部門でCustomers’ Choiceを獲得しています。
Kaspersky Logo