P2P-Worm

P2P-Wormは、ピアツーピアのファイル共有ネットワーク(Kazaa、Grokster、EDonkey、FastTrack、Gnutellaなど)を介して拡散します。

これらのワームのほとんどは、比較的シンプルな方法で動作します。P2Pネットワークに侵入するために、すべてのワームは自らのコピーをファイル共有ディレクトリに置きます。通常、これはローカルマシンのディレクトリです。後は、P2Pネットワークの機能に任せます。ファイル検索が実行されると、リモートユーザーに感染したファイルを通知し、感染したコンピューターからファイルをダウンロードできるように、サービスを提供します。

より複雑なP2P-Wormもあります。特定のファイル共有システムのネットワークプロトコルを模倣して、検索クエリーに肯定的な応答をし、P2P-Wormのコピーを一致として提供します。