Trojan-Dropper

Trojan-Dropperプログラムは、コードに組み込まれた悪意のあるプログラムを標的のコンピューターに秘密裏にインストールするように設計されています。

このカテゴリの悪意のあるプログラムは、一般的にさまざまなファイルを標的のディスク(通常は、Windowsディレクトリ、Windowsシステムディレクトリ、一時ディレクトリなど)に保存し、通知なしでそれらを実行します(または、アーカイブ失敗やオペレーティングシステムのバージョンの使用期限切れなどの偽物の通知を表示する場合もあります)。

このようなプログラムは、以下のような目的でハッカーに使用されます。

  • トロイの木馬やウイルスを秘密裏にインストールするため。
  • 既知の悪意のあるプログラムがアンチウイルスソリューションによって検知されるのを阻むため。アンチウイルス製品によっては、このカテゴリのトロイの木馬に含まれるすべてのコンポーネントをスキャンできない場合がある。