情報セキュリティソリューションを提供する株式会社カスペルスキー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:藤岡健、以下カスペルスキー)は、国立大学法人 東海国立大学機構 名古屋大学(以下、名古屋大学)が、教育研究用・事務用の全端末において使用するエンドポイントセキュリティ対策として「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」、メール経由のマルウェア感染とスパムメール対策として「Kaspersky Security for Mail Server」を採用し、2020年4月から使用開始したことを発表します。

法人向けエンドポイント保護製品の「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」は、これまでも大学や高等専門学校などの教育機関において導入されています。名古屋大学での採用に当たっては、当社製品が20,000人を超える全学への展開といった大規模環境でも問題なく稼働すること、最新のサイバー脅威に対応した高度なセキュリティ機能を備えていること、さらにライセンス料金においてコストパフォーマンスが高い点が評価されました。

導入時には、当社のシステムエンジニアによる協力体制の下、短期間でスムーズにシステムを移行し、現在は、大学が管理する教育研究用・事務用の全端末と電子メール環境をサイバー脅威から保護しています。特に昨年は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に対応するため、教員と職員の在宅勤務や学生のリモート学習の機会が増え、学外でも安全にPCを使用できる環境づくりが急務であったことから、そのセキュリティ対策としても活用されています。

当社製品の採用について、名古屋大学 情報連携推進本部 情報セキュリティ室 長谷川皓一助教(東海国立大学機構 情報連携統括本部 情報セキュリティ室兼務)は次のように述べています。「これまでのセキュリティレベルを確保しつつ、遅滞なく計画通りに短期間で導入する必要がありました。そのため、導入前には疑問点や技術的な点などを細かく質問して不安を払拭(ふっしょく)しました。また、カスペルスキー製品が、複数の第三者機関のテストにおいて継続的に高い評価を得ている点も参考にしました

また、長谷川助教は情報セキュリティの研究者の立場から、「情報セキュリティの分野では、全ての通信アクセスを信頼せずに対策を講じる“ゼロトラスト”という考えが浸透し始めています。今後は、より厳格なセキュリティ対策が必要になることが予測されることから、カスペルスキー社には、新しい高度なマルウェアを安定的に検知するために、継続した性能強化を期待します」と述べました。

名古屋大学への当社製品導入の詳細については、導入事例(PDF)でご覧いただけます。

■ カスペルスキー製品について
Kaspersky Endpoint Security for Business Select」は、ふるまい検知、脆弱性(ぜいじゃくせい)攻撃ブロックなど多層からなる防御テクノロジーで未知の脅威からも保護し、アプリケーション、デバイス、Webアクセスの制御やIT資産管理機能も備えた総合エンドポイントセキュリティです。Windows、Mac、LinuxやAndroid/iOS端末を保護、管理します。「Kaspersky Security for Mail Server」は、電子メール経由でのマルウェア感染を防止するためのメールセキュリティです。スパムメール対策、フィッシング対策やコンテンツフィルタリングも可能です。

※ 第三者機関による評価
カスペルスキー製品は、2019年に複数の第三者機関が実施した法人、個人、モバイル向けのセキュリティ製品テストに86回参加し、そのうちの70回で上位3位以内に入賞、1位は64回に上りました。それらのテスト結果を独自に集計し、総合評価した「TOP3メトリックス」では、Kaspersky ほか80以上のベンダーの中で7年連続で首位となりました。

名古屋大学、教育研究用・事務用の全端末向けのエンドポイントとメールセキュリティ対策にカスペルスキー製品を採用 ~大規模環境での移行をスムーズに実施、多層防御テクノロジーによるセキュリティ対策で安全な教育と研究活動を支援~

名古屋大学が、教育研究用・事務用の全端末において使用するエンドポイントセキュリティ対策として「Kaspersky Endpoint Security for Business Select」、メール経由のマルウェア感染とスパムメール対策として「Kaspersky Security for Mail Server」を採用し、2020年4月から使用開始しました。
Kaspersky Logo