• ネット決済保護テクノロジーにより、ブラウザーでの安全に保護された操作で重要な業務を遂行できます。ネット決済保護機能は、オンライン決済とオンラインショッピングを保護するKaspersky Labの次世代の多層防御アプローチの一部を成しています。

    ネット決済保護テクノロジースタックには以下が含まれます。

    • HIPS/セルフディフェンス - ルートキット、プロセスインジェクション、リモートコントロール、スクリーンショット取得からの保護
    • 整合性の制御 – 信頼できないモジュールのアップロードからの保護、マルウェアのコードおよび脆弱性に対するメモリスキャン
    • トラフィック処理:アンチフィッシング – フィッシング、スピアフィッシング、URLセキュリティ侵害からの保護
    • トラフィック処理:コンテンツフィルタリング - 証明書検証、セッション整合性の制御、安全なブラウザーの自動起動に対応
    • 入力の保護 – 入力傍受からの保護とセキュリティキーボードの提供

    ネット決済保護はホストベース侵入防止システム(HIPS)とセルフディフェンステクノロジーを基盤としており、ブラウザープロセスを安全なコンテナーに配置できます。このコンテナーにより、ブラウザープロセスは悪意のあるコードインジェクションの試行(マンインザブラウザー攻撃、MITB)から保護し、悪意のあるアドオン/拡張機能がブラウザーに読み込まれるのを防止します。

    セーフブラウザーの機能中に、整合性の制御により信頼できないモジュールや悪意のあるコードが存在しないかブラウザープロセスのメモリがスキャンされます。

    エンドユーザーは、セキュリティベンダーによって提供または定められた特定のブラウザーを使用しなければならない要件に縛られることはありません。ネット決済保護は主要なブラウザーをサポートしているため、他社のソリューションと異なり、オンライン決済時に安全なブラウザーを利用し忘れるリスクがなくなります。

    ネット決済保護は、ユーザーがWebサイトの閲覧の際、コンテンツフィルタリングテクノロジーを使用して、Kaspersky Security Network (KSN)の感染した/信頼するステータスに関する「信頼できない」ステータスとURLの検証証明書を使用して、フィッシングおよび中間者(MITM)攻撃から保護します。

    入力データ保護機能は、Webバンキングページ(口座データなど)のWebフォームに入力する重要な個人データの保護を実現するテクノロジーです。キーボードロガー(キーロガー)による入力データの傍受から保護します。また、マウス操作で利用できるセキュリティキーボード機能も備えています。

    ネット決済保護は、内部で入力されたデータやリ安全なブラウザーに表示されるデータを、リモートブラウザーおよび製品操作とスクリーンショットの取得を防止して保護します。攻撃者は、銀行口座の操作、残高、購入情報などの機密データを盗み見て、ユーザーの操作を確認することはできません。

    ネット決済保護は、オンラインショップ、バンキング、eコマースのサイトを開くと自動的に開始するため、ユーザーは特別な操作をする必要はありません。サポートされているWebサイトのリストは定期的にアップデートされます。また、ユーザーはお気に入りのWebサイトを追加して、Webサイト利用時のすべての操作を保護することができます。

関連製品

US 9195832 B1

起動ドライバーの元のルーチンにアクセスを提供するシステムおよび方法

詳しくはこちら

US 9253208 B1

自動フィッシング検知ルールの進化に関するシステムおよび方法

詳しくはこちら

US 9621570 B2

フィッシング検知ルールの選択的な進化に関するシステムおよび方法

詳しくはこちら

ホワイトペーパー

ネット決済保護テクノロジーでオンライン取引を保護

詳しくはこちら

ホワイトペーパー

ホストベース侵入防止システム(HIPS)

詳しくはこちら

関連テストレポート

  • AV-Testイノベーションアワード

  • MRG Effitasオンラインバンキング/ブラウザーセキュリティアワード2016\2017

  • MRG Effitasオンラインバンキング/ブラウザーセキュリティアワード2015\2016

  • MRG Effitasオンラインバンキング/ブラウザーセキュリティアワード2014\2015

関連テクノロジー