content/ja-jp/images/repository/isc/2019-images/holding-iphone-3.jpg

お使いのiPhoneの調子が良くないと感じる事はないでしょうか。 そんな時はiPhoneがウイルスに感染している可能性があります。iPhoneのウイルスは珍しいですが、この人気のスマートフォンが完全に安全といえるわけではありません。お使いのiPhoneがウイルスに感染しているかも知れないと思ったら、このページの内容をご覧ください。

この記事でご紹介する内容:

  • iPhoneがウイルスに感染した場合の対応方法
  • iPhoneがウイルスに感染した場合の特定方法
  • お使いのiPhoneからウイルスを駆除する方法

iPhoneがウイルスに感染する可能性

Appleファンにとっては幸運なことに、iPhoneのウイルスは非常にめずらしいものですが、まったく耳にしないわけではありません。

iPhoneは一般的には安全と言われますが、「脱獄」を行った場合、ウイルスに対してぜい弱になる可能性があります。

脱獄とは、iPhoneのロック解除のことで、正規の行為ではありません。この行為によりルート権限を取得すると、通常は端末のソフトウェア操作で制限されているセキュリティ制限を迂回することができます。Appleは脱獄行為を問題にしており、この行為を可能にするiPhoneのぜい弱性に対してパッチの適用を進めています。

iPhoneを脱獄するという抜け道行為を行うと、ユーザーがOSを制御できる範囲が広がります。たとえば、システムの表示のカスタマイズやプリインストールアプリの削除、App Store以外からのアプリのダウンロードが可能となります。

これはとても魅力的に思えるかも知れませんが、iPhoneを脱獄するとセキュリティの低下につながる危険性があり、脱獄後のiPhoneに感染する可能性のある不正なプログラムも見つかっています。

「iPhoneがウイルスに感染する可能性は高い?」と言う問いに対する一般的な回答は「ノー」ですが、仮に脱獄した場合は可能性が高まり、稀にiPhoneであってもウイルスに感染することがわかっています。

iPhoneユーザーが被害を被る可能性があるその他のセキュリティ脅威の詳細については、当社の記事の「iPhoneのぜい弱性」をご覧ください。

iPhoneのウイルスが珍しい理由

ウイルスとは、自身を複製する不正なコンピューターコードで、システム全体に拡散して、データを破壊、削除、または収集することがあります。

コンピューターウイルスが拡散するためには、システムを構成するさまざまなプログラムと通信する必要がありますが、iPhoneが使用するOSは、このような通信が困難になっています。

理由は、AppleのOSでは、各アプリは個々の仮想スペースで実行するよう設計されているからです。基本的にアプリ同士のやりとりは禁止されているため、ウイルスが拡散することは非常に難しくなっています。

このことに加え、AppleユーザーはダウンロードするすべてのアプリをApp Storeからダウンロードする必要があり、Appleはすべてのアプリに対して厳格な審査手続きを行なっています。そのため、マルウェアに感染したアプリがダウンロードされる可能性は極めて低くなっています。

iPhoneのウイルス感染の確認

ご利用のiPhoneの動作がおかしい場合、以下のような可能性が考えられます。

  • 更新や削除が必要なバグの残っているアプリが存在する
  • iPhoneのメモリが不足
  • バッテリーの交換が必要

ウイルスが原因の問題はほとんどありませんが、確認方法を把握することをお勧めします。お使いのiPhoneのウイルス感染を確認するには、以下の質問をご覧ください。

  • 端末は脱獄されてありますか?

iPhoneの脱獄をしている場合、ウイルスに感染する可能性が高まります。

  • 見覚えのないアプリがありませんか?

不明なアプリは、マルウェアの兆候の可能性があります。見覚えのないアプリはアンインストールしましょう。

  • 何回もアプリが強制停止してしまいますか?

理由がなくこのような状況が発生した場合、iPhoneはマルウェアに感染している可能性があります。

  • データの使用量が不可解に増加しましたか?

iPhoneを使用している本人が説明できないような、異常なデータ使用量の増加がみられた場合、マルウェアが原因の可能性があります。

  • iPhoneの使用請求金額が不可解に増加しましたか?

一部のマルウェアは高額なサービスにメッセージを送信します。予期しない高額な請求があった場合、マルウェアが理由の可能性があります。

  • ブラウザを閉じるときにポップアップが表示されますか?

iPhoneの状態に問題ない場合、このようなことは発生しません。ブラウザを閉じる際に表示されるポップアップは、目に見えるマルウェアの兆候です。

  • バッテリーの消耗が早いですか?

マルウェアによってバッテリーが消耗する場合があります。常に充電不足の場合、お使いのiPhoneが感染している可能性があります。

  • iPhoneが熱をもったりしていませんか?

お使いのiPhoneが通常より熱くなっている場合、マルウェアの活動の兆候かもしれません。

iPhoneのウイルスを駆除する方法

お使いのiPhoneにウイルス感染の疑いがあったでしょうか?ここでは、iPhoneがウイルスに感染している場合の駆除方法をご紹介します。

  • 1)あやしいアプリを削除

見覚えのないアプリや、問題が始まった頃にダウンロードしたすべてのアプリを削除しましょう。

  • 2)データと履歴の削除

「設定」内の「safari」に進み、「履歴とデータを消去」をタップします。

  • 3)電源をオフにして再起動

電源ボタンを長押しして、スライドして電源をオフにします。次にもう一度電源ボタンを長押しして再起動します。これで問題が解決する場合があります。問題が解決しない場合、以下のステップ4に進みます。

  • 4)過去のバックアップからiPhoneを再起動

マルウェアに感染する前の、問題がない古いバージョンのバックアップを使用して、端末の再起動を行って問題が解決するか試します。

  • 5)工場出荷状態に戻す

すべてが失敗した場合、まずiPhoneのバックアップを作成した後で、iPhoneを工場出荷状態に戻します。この操作を行うには、「設定」→「一般」→「リセット」の順に進み、「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行します。

iPhoneの保護方法

これまでで、iPhoneがウイルスに感染する可能性があること、手動でマルウェアを削除する方法をご理解いただけたと思いますが、初期段階でiPhoneをマルウェアから保護する方法もある事をご存知でしょうか?

ここでは、お使いのiPhoneをマルウェアの感染から守る方法をいくつかご紹介します。

App Storeからのみアプリをダウンロード

Appleは非常に厳しい審査手続きがあるため、App storeからダウンロードしたアプリには、マルウェアが含まれている可能性が低くなります。

App Storeでアプリ説明欄の開発元を確認

ダウンロードしようとしているアプリの説明欄にある開発元は、必ず読むようにしましょう。

アプリのユーザーレビューを確認

他のユーザーのアプリのレビューは必ず見るようにしましょう。本物のレビューは通常、製品の良い点と悪い点がどちらも記載されていることを覚えておいてください。

アプリのダウンロード数を確認

ダウンロード数が数百万あるアプリは、マルウェアである可能性が低いと考えられます。

アプリが要求する権限を確認

アプリが要求する権限は、そのアプリの機能を使用するにあたって理にかなっているでしょうか?要求される内容が怪しく思われる場合、アプリをダウンロードすることは避けましょう。すでにインストールしてしまった場合は削除するようにしてください。

未確認のリンクはクリックしない

スパムメールはすべて迷惑メールに指定し、メールを開かないようにしましょう。誤ってスパムメールを開いてしまった場合でも、中のリンクは絶対にクリックしないでください。

iOSを常に更新

iOSを定期的に最新版へ更新しましょう。これにより、Appleの最新のセキュリティ更新プログラムが適用され、お使いのiPhoneをより安全に保護することができます。

アプリを常に更新

すべてのアプリも定期的に最新版に更新することで、サイバー犯罪者にアプリのぜい弱性を悪用されセキュリティ侵害を受ける可能性が減少します。

無料のWi-Fiの利用に注意する

公共のネットワークを使用してオンラインショッピングやネットバンキングを利用するのは避けましょう。

無料のWi-Fiを使用せざるをえない場合、カスペルスキー セキュアコネクションなどのVPN接続を利用しましょう。こうすることで、お使いのデータが暗号化され接続が保護されます。

自らリスクを負う必要はありません。いますぐiPhoneを保護しましょう。

iPhoneのウイルスを駆除する方法

iPhoneがウイルスに感染する可能性についての情報やお使いのiPhoneからウイルスを駆除する方法についてご説明します。iPhoneを保護する方法をいますぐご覧ください。
Kaspersky Logo