content/ja-jp/images/repository/isc/2020/9910/vpn-for-smartphones-a-guide-1.jpg

スマートフォン用VPN:知っておくべきこと

スマートフォン用のVPNサービスを利用すると、インターネットを安全に利用することができます。スマートフォンでやりとりする通信の中には個人情報が多く含まれているため、サイバー犯罪者にとって格好の標的です。携帯の通信回線を使っていても、Wi-Fiを使用していても、スマートフォン利用時に情報流出やなりすましなどのサイバー攻撃を受ける危険があります。そのような危険から身を守るために、VPNの利用とメリットを学びましょう。

インターネット利用時は、常にネットの脅威にさらされています。恐ろしく聞こえるかもしれませんが、VPNなどのサービスを使用すると、簡単に安全を守ることができます。

VPNとは?

仮想プライベートネットワーク(VPN)を利用すると、デバイスがやりとりするインターネット上のデータを暗号化することができます。

VPNソフトウェアは、コンピューター、タブレット、スマートフォンなど、あらゆるデバイスにインストールできます。VPNは、データを傍受する第三者が判読できないように、データの形式をスクランブル化(暗号化と呼ばれます)して、送信します。

暗号化が必要な理由は、ユーザーが気づかないものも含めて、インターネットを介して大量の個人情報を送信しているためです。たとえば以下のようなものです(以下のみに限定されるわけではありません)。

  • 機密性の高い内容を含むEメール
  • SNSの認証情報やメッセージ
  • クレジットカード番号や口座番号などの銀行情報
  • 各種パスワード

また、通信データには、ユーザーを詳しく知ることができる詳細情報も付属しています。デバイス固有の識別番号、物理的な位置情報などです。

インターネット通信は、技術的知識が少しあれば誰でも簡単に盗み見することができるため、VPNはとても重要です。無線接続か有線接続かに関係なく、同じネットワークにアクセスできる第三者に、データが盗み見される可能性があります。つまり、パスワードで保護されているWi-Fiであっても、個人情報が不正流出する危険が潜んでいます。これらのデータを暗号化することで、プライバシーを守ることができます。

VPNの動作の仕組み

VPNは、以下の技術で、通信データのプライバシーを守るセキュリティ機能を実現しています。

暗号化:暗号化を使用して相手先のみが読み取ることができる形式にデータをスクランブル化します。次に、トンネリングプロトコルを使用して、Wi-Fiネットワークやモバイルネットワーク内に暗号化された「トンネル」を作成します。この仕組みで、ネットワーク上の他のユーザーからデータを隔離し、暗号化して保護します。ネットワーク自体の安全性が低いときにも通信内容を守ることができます。

リモートサーバー:リモートサーバーは暗号化されたデータのトンネルの目的地です。データは他の国・地域にあるVPNサーバーに送られ、ユーザーの個人情報が匿名化されます。データが最終目的地に送られると、すべての位置データはユーザーのものでなく、リモートサーバーのものに置き換わります。このVPNサーバーは、保護的な「仲介者」の役割を担い、第三者が追跡できないようにデータを守ります。

主にこれらの技術を組み合わせることで、個人情報の不正流出を防ぎ、ネットの脅威から身を守るとともにプライバシーを守ることができます。

VPNでインターネット上のデバイスを保護する方法

VPNを使用するメリット

VPNは主にプライバシーに対するメリットがありますが、利点はそれだけではありません。

インターネットトラフィックが傍受されないように保護する。ネットワークの通信データが暗号化されていないと、同じネットワークに接続した第三者にデータを盗み見される危険がありますが、VPNを使用してこれを防ぐことができます。サイバー犯罪者がデータを解読するには「暗号化キー」が必要ですが、総当たり攻撃でこのキーを発見するには、コンピューターで数十億年かかります。パスワードが設定されていない公衆Wi-Fiでも、VPNを使うことで通信を暗号化し安全に利用できるようになります。

位置情報のプライバシーVPNサーバーが代理人のようにネットの上の通信データを中継するため、位置情報のプライバシーが守られます。位置に関する属性データはVPNサーバーが置かれている別の場所の情報が使われるため本当の居場所を発見することは不可能です。また、多くのVPNサービスはVPNサービス上でのユーザーの活動記録を保存していません。したがって、ユーザーの利用履歴が表に出ることはありません。

地域限定のウェブコンテンツが利用可能になる。 地域限定のウェブコンテンツに、どこからでもアクセスすることができるようになります。サービスやウェブサイトのコンテンツでは、世界の特定の地域からのみアクセスできるよう制限されていることがあります。VPNの位置情報の偽装機能を使用すると、サーバーを切り替えて、自分の位置情報を変更することができます。

VPNを使用するタイミング

VPNには、日常生活がより便利に安全になる別の用途もあります。そのいくつかを紹介しましょう。

動画ストリーミングサービスで地域限定のコンテンツにアクセスする。VPNサーバー切り替え機能を使用すると、動画ストリーミングサービスで地域限定のコンテンツを利用できます。ユーザーの位置情報を偽装すると、ストリーミングサービス側ではユーザーは別の国・地域にいると認識されるため、自分が今いる国・地域では利用できない映画やTVコンテンツを閲覧できます。

旅行の宿泊施設を予約する際、「本当」の価格を確認できる。航空会社やホテルは、誰がどこの宿泊施設を閲覧したかを把握するために閲覧者のトラッキングを行っています。その宿泊施設に興味があることをマーキングされ、人為的に価格を操作されてしまうことがあります。利益を増やすために価格を値上げした上で、急がせてすぐに購入させようとするのです。VPNを使用すると、自分の通信データを匿名化してそのような手法にひっかからないようにすることができます。

企業による行動追跡を防止する。企業各社は、自社のマーケティングやサービスを向上させるために、ユーザーの属性データを利用することで知られています。このことは必ずしも悪意があるものではありませんが、ユーザーはこのような情報が外部に出ることは望まないかもしれません。このような属性データを収集し、他の企業に販売しているサービスもあります。データが拡散すればするほど、そのデータが漏えいするリスクも高くなります。VPNを使用すると、インターネット上の行動と一緒に送信される属性データが暗号化されるため、追跡を防止することができます。

スマートフォンVPNを使用するメリット

スマートフォン用のVPN

現在、多くの方がスマートフォンでインターネットを利用しており、とくに外出時はスマートフォンを使う方がほとんどでしょう。そのため、お使いのノートPCやデスクトップPCと同様に、スマートフォンでもVPNの利用をおすすめします。

ここでは、スマートフォンでVPNを使用するメリットをいくつか紹介します。

公衆Wi-Fiを安全に利用できる。最近ではスマートフォンで利用できる公衆Wi-Fiが増えていますが、パスワードが設定されていても注意が必要です。複数人が共通のパスワードを使って接続するWi-Fiの場合、サイバー犯罪者がそのパスワードを知っていれば、Wi-Fiにアクセスし通信を盗み見することができるのです。VPNを使用すると、通信データを暗号化して、公衆Wi-Fiに接続したときも個人情報を守ることができます。

決済・金融データの暗号化。スマートフォンの銀行アプリも最近では一般的になってきましたが、このようなアプリを使用すると、金融情報がインターネット上に送信されることになります。Amazonなどのショッピングアプリを使用したオンラインショッピングについても同様の脅威があります。独自の暗号化を使用しているアプリもありますが、VPNを使用することで、さらに強固にデータを守ることができます。

音声チャットおよび動画チャットデータの暗号化。AppleのFaceTime、Skype、Google Hangoutsでのチャット、さらにはWi-Fi通話の中に、招かざる「盗聴者」が存在する可能性があります。暗号化を使用することで、サイバー犯罪者がネット経由でチャットに不正侵入したり盗み見したりすることができなくなります。

スマートフォン用VPNの使用方法

iOSとAndroidどちらの場合でも、スマートフォンVPNサービスはとても簡単に利用できます。

インストール: App StoreかGoogle Play Storeからアプリをダウンロードするだけです。評価の高いサービスの利用を開始するには、有料のサブスクリプションが必要になることがあります。

初期設定:こちらも簡単で、通常は特に調整する必要はありません。ログイン後に一連の設定が行われることが多いため、必ずアプリのアカウントにログインしてください。

VPNをオンにする:多くのVPNアプリでは、照明のスイッチと同じような簡単なオン/オフ操作が可能です。VPNアプリをホーム画面上に配置することもできます。

サーバーの切り替え:国・地域の位置情報を自分が実際にいる場所と異なるものに、手動で切り替えることができます。メニューをブラウズすれば、好きな国を簡単に選ぶことができます。

詳細設定:プライバシーにより配慮したいユーザー向けに用意されています。暗号化の方法を他のプロトコルに変更できるVPNサービスもあります。また、アプリに診断情報やその他の機能も備わっていることがあります。自分のニーズに合ったVPNを見つけるには、サブスクリプションに登録する前に、必ずどのような機能があるかを調査してください。

上記の基本的な内容に加えて、VPNを使用する際は、必ず以下の安全対策を実施してください。

暗号化されるのはインターネットのデータのみであることに留意する。モバイル接続やWi-Fi接続を使用しない場合はインターネットを経由しないため、通常の音声通話やテキストメッセージは、VPNで暗号化されません。音声通話を暗号化する場合はVoIPサービスを使用します。Wi-Fi通話、およびSkypeやLINEなどのサービスの電話機能は、通話にインターネットを使用します。メッセージを暗号化するには、AppleのiMessage、またはAndroidのRCSメッセージングなどの機能を使用します。また、WhatsAppやFacebook Messengerなどのサードパーティーのサービスも使用できます。

信用できるVPNサービスを選ぶ。VPNは、データの使用と保存ルールについてVPNベンダーがポリシーを定めており、プライバシーの安全性はそのポリシーの内容に左右されます。VPNは、ユーザーのデータをVPNサーバーに取り込んで、ユーザーの代わりにインターネットに接続していることを忘れないでください。VPNにデータログが残されている場合、データログの用途について必ず確認してください。評価の高いVPNプロバイダーの場合、ユーザーのプライバシーを第一に考えています。カスペルスキー セキュアコネクションなどの信頼性の高いプロバイダーを選択してください。

関連記事:

スマートフォン用VPN:ガイド

スマートフォン用のVPNとは?スマートフォンでVPNを使用する理由は? VPNを使用して重要な機密データを他人が閲覧できないようにする方法を紹介します。
Kaspersky Logo