content/ja-jp/images/repository/isc/2017-images/malware-img-17.jpg

マルウェアの作成者のうち最も危険なタイプは、各々の犯罪目的を達成するため悪意のあるソフトウェアの作成に力を注ぐハッカーおよびハッカー集団かもしれません。このようなサイバー犯罪者は、コンピューターウイルスやトロイの木馬型マルウェアを作成し、次のような不正活動を行います。

  • 銀行口座のアクセスコードの収集
  • 標的としたコンピューターで製品やサービスを宣伝
  • 感染したコンピューターのリソースを違法に利用し、次のような不正活動を展開
  • スパムメールによる攻撃
  • 分散型ネットワーク攻撃(別名:DDoS攻撃)
  • 脅迫メールの拡散

サイバー犯罪から自身を守る方法

サイバー犯罪者はユーザーのコンピューターやデータを攻撃するためにさまざまな手法を駆使するため、防御策の多層化が欠かせません。署名に基づく検知、ヒューリスティック分析およびクラウドを活用した技術を組み合わせたセキュリティ対策製品は、巧妙化した新しい脅威からデバイスとデータをさらに保護します。

カスペルスキーの多層防御型セキュリティ対策製品は、次のようなさまざまなコンピューターやデバイスをサイバー犯罪から保護します。

  • Windows
  • Linux
  • Mac
  • スマートフォン
  • タブレット

サイバー犯罪に関するその他の記事

サイバー犯罪とは何か

増加し続けるサイバー犯罪のリスクと自身を守る方法を説明します。
Kaspersky Logo