content/ja-jp/images/repository/isc/2019-images/browsing-white-laptop.jpg

無料版と有料版のウイルス対策製品の主な違いはどのような点かご存知でしょうか。

この記事では、最適なウイルス対策製品を選択いただけるように、無料版と有料版の違いをご説明します。

この記事でご紹介する内容は以下のとおりです。

  • 無料版と有料版ウイルス対策製品の主な違い
  • 最適なウイルス対策製品を選択する方法
  • WindowsおよびMac用の最適なウイルス対策製品
  • 有料のウイルス対策製品のメリット
  • 無料のウイルス対策製品のリスク

無料版と有料版のウイルス対策製品の比較

無料版のウイルス対策製品では、コンピューターに対する基本的な保護機能を備えています。一般的なウイルスから保護し、危険なファイルやアプリをブロックしたり、怪しいWebサイトを警告することが可能で、これにより、ユーザーのコンピューターを安全に保つことができます。

一方で、有料版のウイルス対策製品では、より包括的なコンピューター保護機能が提供されます。

それぞれのソリューションの具体的な利点は場合により異なりますが、品質の高い有料版のウイルス対策製品では、不正な攻撃からの保護も可能です。また、コンピューターを保護する方法も、有料版では単なる感染後の事後対応ではなく、脅威を未然に防ぐための機能も備えています。

有料版のウイルス対策製品では、危険なアプリやマルウェアの動作を制御することで、事前に感染を防止することができます。

最適な無料版ウイルス対策製品

ユーザーのニーズに最適な無料版のウイルス対策製品を選ぶには、利用できるさまざまな機能やメリットをよく読むことをお勧めします。

一部の製品は機能は豊富ですが、使いづらい場合があります。また、別の製品は、ユーザーインターフェイスは単純でわかりやすいものの、機能が多くないこともあります。

さまざまな無料版のウイルス対策製品に関するインターネット上のレビューを読んだり、使用方法のデモ動画を視聴することで、ユーザーご自身にとって最適な製品を選ぶ為の情報を得ることができます。一部のメーカーは体験版を提供しており、製品が自分にとって最適か確認することもできます。

お使いのコンピュータータイプに適したウイルス対策製品

WindowsとMacは動作が異なるため、お使いのコンピューターがMacであるかWindowsかによって、それぞれのPCに適したウイルス対策製品を利用することが重要です。

Macは、OSの動作方法の理由から、一般的により侵入が難しいと考えられています。システムが「サンドボックス化」されて隔離されているため、ウイルスが異なる部分を行き来することは非常に困難です。また、さまざまなプログラム間の通信数も少ないため、ウイルスが拡散することも容易ではありません。

そのため、Macがサイバー犯罪者の標的になるケースはWindowsコンピューターと比較して少ないものの、コンピューターウイルスに感染することはありますので、感染を防止するために、無料版または有料版のウイルス対策製品を利用してお使いのMacを保護することをお勧めします。

Windowsは一般的に、Macと比較してサイバー犯罪者の標的となる可能性が高く、感染のリスクも高くなります。 そのため、Windowsを利用する場合、有料のウイルス対策製品を利用することで、最高レベルの保護機能を享受することができます。

無料のWindowsウイルス対策製品

無料版のWindows用のウイルス対策製品には豊富なオプションがありますが、自分に適した製品とはどのように判断したらよいのかが疑問としてあがります。

適切な判断をするには、ご自身でも調査することが重要になります。そのためには、宣伝ではない中立な視点からのレビューを読み、「ハウツー」動画も視聴するなどして、使用を検討する製品の確認をすることをお勧めします。

また、選択したメーカーの製品について、体験期間があるかも確認しましょう。実際に端末にマルウェアが感染する前に試してみることで、画面の見た目や操作方法、脅威の検知性能を確認できます。

無料のMacウイルス対策製品

市場にはMac向けのウイルス対策製品の選択肢も多数あります。『Tech Radar』は毎年、Mac用ウイルス対策製品(英語記事)のレビューを行っていますので、お使いのMac端末の保護をお考えの場合、一読する価値があるでしょう。

ウイルス対策製品の購入のメリット

無料版のウイルス対策製品が利用可能であっても、有料版に費用をかける理由としては、有料版だけにあるメリットが多くあることにあります。

無料版のウイルス対策製品は、一般的なウイルスに対する基本機能を備えていますが、有料版のウイルス対策製品ではさらに高度な保護機能を備えています。たとえば、カスペルスキー セキュリティでは、未知のマルウェアやコンピューターウイルスの脅威の特定に優れたシステム監視コンポーネントを利用しています。

有料版ではすべての端末(Windows、Mac、スマートフォン)の安全を保護できますが、無料版では対応OSが限られるかもしれません。

有料版のウイルス対策製品を利用することで、個人情報をしっかり自分の手でコントロールできるようになり、ネットバンキングなどの大事なオンライン作業の安全性が向上します。また多くの場合、有料版の製品は、拡張機能として迷惑メール対策(アンチスパム)や個人用ファイアウォール、お子様のネット上での安全を守る保護者による管理(ペアレンタルコントロール)機能などを備えています。

もちろん、有料版のウイルス対策製品の具体的なメリットや機能は、メーカーによって異なります。カスペルスキー セキュリティなら、ここでご紹介したメリットを得ることができます。

無料版ウイルス対策製品のリスク

無料版ウイルス対策製品は、一般的な既知のコンピューターウイルスを保護しますが、まだ知られていない脅威に対する弱点が残る可能性があります。

また、無料版のウイルス対策製品でオンライン決済を行う場合、安全性が低い可能性があることを考慮することも重要です。カスペルスキー セキュリティはオンライン決済セキュリティシステムを備えており、金銭の保護の面でも安心です。

さらに、無料版では多くの場合、直接的な技術サポートを受けられません。一方、有料版の製品では、電話、チャット、メールを利用して技術サポートに問い合わせることができるため、最高の保護を受けることができます。詳しくはカスペルスキー セキュリティをご覧ください。

無料版と有料版のウイルス対策製品の違いとは

無料版と有料版のウイルス対策製品は何が違うのでしょうか。ユーザーがコンピューターの保護方法を理解し、選択できるよう、その違いについてご説明します。
Kaspersky Logo