content/ja-jp/images/repository/isc/2020/how-to-speed-up-your-laptop.jpg

パソコンの起動に時間がかかる、プログラムの動作が遅い、重たいと感じたことはありませんか。そうなったら、新しいパソコンを買うしかないと思われる方もいるかもしれません。しかし、買い替えなくてもパソコンの動作速度を改善する方法はたくさんあります。

パソコンが遅くなる理由

Windowsは本来、起動時間が短く動作も軽快なOSです。しかし、時間がたつにつれ、さまざまな理由でパソコンの速度が徐々に遅くなっていきます。

インストールされているプログラムが増えるとハードディスクの容量が圧迫され、プログラムを実行するのに多くのメモリが必要になります。また、パソコンの起動時にプログラムをバックグラウンドで実行するように設定していると、再起動するたびにパソコンに負荷がかかります。古いパソコンの場合は、ドライバーも古く、メモリを大量に消費する新しいソフトウェアを実行しようとするとハードウェアに負荷がかかることもあります。さらにハードディスクが断片化して、大量のファイルがシステムを圧迫する可能性もあります。ハードディスクに十分な空き容量がなくなると、プログラムの動作が重たくなります。最後に、ウイルスに感染したせいで、パソコンのスピードが著しく低下することもあります。

このページでは、パソコンの動作速度を改善する方法をご紹介します。手順も難しくありません。ただし念のため、始める前にパソコンのバックアップデータを取っておいてください。外付けハードディスクかクラウドストレージにすべてのデータをバックアップして、Windowsで復元ポイントを作成してシステムのバックアップも取ります(バックアップしたファイルの読み取りができることも確認しておきましょう)。

マルウェアがパソコンを遅くする仕組み

ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬、アドウェアなどの悪意のあるプログラムは、パソコンの動作に大きな影響を与えることがあります。こうした悪意のあるプログラムがバックグラウンドで実行されると、知らないうちにパソコンが重たくなる可能性があります。

いったんマルウェアに不正侵入されると、セキュリティ製品の力を借りなくてはきちんと削除できません。マルウェアを残しておくと、パソコンの動作が重たくなり、しまいにはパソコンが壊れてしまうかもしれません。マルウェアがパソコンのメモリを大量に消費して、他のプログラムが動作するリソースまで奪ってしまう可能性があるのです。こうなると、使いたいプログラムの動作が遅くなるだけでなく、パソコン自体も重たくなってしまいます。

パソコンを遅くするマルウェアを削除するには

  • カスペルスキー セキュリティのような優れたセキュリティ製品をインストールしてパソコンを保護する
  • オペレーティングシステムを定期的に更新する
  • 怪しいWebサイトにアクセスしたり、そこからプログラムをダウンロードしたりしない
  • 知らない送信者や怪しい送信者から送られてきたメールは開かず、悪意のあるスパムやフィッシングメールはすぐに削除する

パソコンの動作を改善する方法

起動を早くする

まずは、問題となっている箇所を特定すしましょう。イベントビューアーを起動して、スタートアップ時に読み込まれるプログラムと、そのプログラムの起動にかかった時間を確認します。イベントビューアーは、「ファイル名を指定して実行」(Windowsキーを押しながら「R」を押す)から呼び出すことができます。表示されたダイアログボックスで「eventvwr.msc」と入力して「OK」をクリックします。

イベント100を確認します。ここに起動時間が秒単位で表示されます。確認できたら101で始まるイベントIDを探します。これらのイベントを見ると、コンピューターを遅くしているアプリケーションがどれかがわかります。

少なくとも一部のプログラムはスタートアップ時に実行する必要がないはずです。たとえば、以下のプログラムはスタートアップ時に実行する必要がないため、必要なときに起動するだけで問題ありません。

  • QuickTime
  • Skype
  • Googleドライブ
  • Adobe Reader
  • Spotify Web Helper
  • NVIDIAドライバー

その他のプログラムについてはインターネットで検索して、Windowsに必要なものか、削除しても問題ないかを確認しましょう。

原因と思われるプログラムを特定したら、「ファイル名を指定して実行」に戻ってダイアログボックスに「msconfig」と入力すると、システム構成ユーティリティが開きます。「スタートアップ」タブを開きます。スタートアップ時に実行しない項目のチェックを外します。ただし、ここで注意が必要な点があります。パソコンで実行が必要なプログラムは削除しないでください。どれを削除してよいかわからない場合は削除せず、あらかじめ外付けハードディスクにすべてのデータのバックアップを取っておきます。

ここまで完了したら、パソコンを再起動して、前回の再起動時と今回の再起動時にかかった時間をイベントビューアーで比較します。違いがはっきり出ているはずです。さらに不要なプログラムを削除すると、パソコンにかかる負荷が軽減されて動作速度も改善します。

パソコンの中身を整理する

起動が速くなったら、次はパソコンの動作速度を改善しましょう。

まずは必要ないプログラムを削除します。コントロールパネルを開いて「プログラム」に移動します。次に「プログラムと機能」を開きます。必要のないプログラムがないか確認してみましょう。この1年間遊んでいないゲームや、もっと良い製品に乗り換えたのに削除し忘れたソフトウェア、必要ないのに自動的にインストールされているXboxや天気などのアプリが表示されていませんか。

また、古すぎて使いものにならなくなったソフトウェアにも注意が必要です。2016年以降、QuickTimeはWindowsでのサポートが終了し、脆弱性が残されたままのため、サイバー犯罪者の格好の標的となっています。Shockwave Player、Microsoft Silverlightも削除して構いません。最新のブラウザーはこれらに対応していないため、インストールしておく必要はありません。

次はキャッシュをクリアしてみましょう。キャッシュはいわばパソコン内の物置です。すべてのプログラムは実行中に一時ファイルを作成します。これがプログラムの短期メモリになるのです。一時ファイルには、一時インターネットファイル、サムネイル、システムエラーメモリダンプ、ログファイル、エラー報告ファイルなどが含まれています。OSのアップグレードでも大量の一時ファイルが作成されるため、最近パソコンをWindows 7からアップグレードした場合には効果的です。

まず、「設定」から「システム」を開きます。「記憶域」、「一時ファイル」の順に選択します。これらのファイルを削除したら、ゴミ箱も空にしましょう。

もう必要のないファイルをパソコンに保存したままにしていませんか。ハードディスク全体を確認するのは手間なので、効率よくサイズの大きいファイルから探してみましょう。

エクスプローラーを使うと、サイズの大きいファイルを簡単に見つけられます。エクスプローラーを開いたら検索フィールドをクリックして、ファイルサイズで「巨大 (>100 MB)」を選択します。左側のペインで「PC」を有効にしている場合は、どのディレクトリに保存されているかに関係なく、指定したサイズ以上のファイルがすべて表示されます。

パソコンの中身を整理する方法

ハードディスクに大量のデータが保存されていて、大量のプログラムが実行されていることが原因なら、ここまでの手順でパソコンの動作がかなり軽くなっているはずです。しかし、改善するためにできることはまだまだあります。

最適化と更新

これでパソコンの中身が整理できたので、ここからは設定を見直していきます。まずはハードドライブの最適化から始めましょう。操作はいたって簡単です。「スタート」メニューから「デフラグ」、「最適化」の順にクリックします。完了まで時間がかかるため、寝る前に実行して一晩おいておきましょう。

そもそもデフラグとは何でしょうか。完全に空のハードディスクも、ファイルを開いたり、編集したり、コピーや移動の操作をするたびに、ハードディスクの中が少しずつ散らかっていきます。ファイルの断片がそのまま残されたり、隙間を埋めるためにその断片が使われたりします。ディスクのデフラグを実行してデータを整理することで、その隙間や断片がなくなります。さらに重要なのが、関連するデータが1つの場所にまとめられるため、あちこちに分散したファイルを探す必要がなくなるということです。デフラグはパソコンのスピードを大きく改善するのにとても効果的なのです。

次に、ドライバーをアップデートしましょう。パソコン部品と周辺機器のやり取りの方法を指定するファイルのことをドライバーと呼びます。グラフィックスードやサウンドカード、チップセット、パソコンのタッチパッド、イーサネットやワイヤレスネットワークなど、さまざまな周辺機器のドライバーがパソコンにインストールされています。以下の3つの場所からドライバーを探すことになるため、手間はややかかります。

  • Windows Update
  • パソコンメーカーのWebサイト(Dellなど)
  • 部品メーカーのWebサイト(Creative TechnologyやAsusなど)

上記のなかから、一番新しいバージョンのドライバーを探しましょう。ドライバーを見つけたら、次の手順でインストールします。Windowsキーを押しながら「X」キーを押してデバイスマネージャーを起動してドライバーをインストールします。更新するデバイスを選択したらそれを右クリックし、「ドライバーソフトウェアの更新」を選択します。「パソコンを参照してドライバーソフトウェアを検索します」を選択したら、ドライバーを保存したフォルダーを選択します。残りの処理は自動的に実行されます。

ハードウェア自体をキレイにする

パソコンのカバーを外したら、エアダスターでほこりを飛ばします(静電気が発生してパソコンに悪影響を与えるため、掃除機は使わないでください)。場合によっては、おどろくほど大量のほこりがパソコンの中に溜まっていることがあります。ほこりを飛ばすのは、見た目をキレイにするためだけではありません。ほこりが溜まると通気口がふさがれ、ファンの回転が止まり、熱が下がらなくなるため、パソコンの冷却ができなくなります。これが動作速度に悪影響を及ぼし、バッテリーが減るのも早くなります。

パソコンをアップグレードする

さらにもう少しパソコンのスピードを改善したいときは、次のようなアップグレードを試してみるのも手です。

  • まだWindows 7を使っている場合はWindows 10にアップグレードします。起動時間が若干短くなるだけでなく、セキュリティパッチとOSの更新プログラムが提供され、今後もパソコンのサポートを受けられるようになります。
  • RAMの容量が4GBしかない場合は、メモリの増設も効果的です。Chromeでタブをいくつか開くと3GB近くのメモリが必要になり、他のプログラムを実行する余力がなくなってしまいます。
  • ハードディスクドライブ(HDD)をソリッドステートドライブ(SSD)に交換することも検討してみてください。起動時間が劇的に短くなり、操作速度も向上します。SSDは消費電力も少ないため、バッテリーの持ち時間が長くなります。

ファイルを別の場所に保存する

ハードディスクがいっぱいになってきたら、サイズの大きいファイルを別の場所に保存することで動作速度を改善できます。

  • 外付けハードディスクを用意すれば、ファイルのバックアップもできて一石二鳥です。

または

  • クラウドストレージを利用するのも良いでしょう。

昔のデータや、たまにしか使わないデータは別の場所に移動して、いま必要なものだけをハードディスクに保存しておくようにしましょう。

関連リンク

ソフトウェアの世界の厄介者「アドウェア」の正体

今週のヒント:パソコンのスキャンを速くする方法

Kaspersky Anti-Virusの設定方法

パソコンの動作速度を改善する方法

パソコンが重たくなって困ったことはありませんか。このページでは、いくつかの簡単な手順でデバイスを保護し、起動時間を短縮して動作を早くする方法をご紹介します。
Kaspersky Logo