Kaspersky Security for Internet Gateway

Kaspersky
Security for Internet Gateway

今日の大多数の企業における作業の中で、ウェブへのアクセスは不可欠となっています。一方、会社のインターネットゲートウェイは、インターネット上の情報やリソースにアクセスするための通り道であると同時に、サイバー脅威の入り口でもあります。サイバー犯罪者はこの入り口を通じて、ターゲットとする企業に高度なマルウェアを送り込みエンドポイントを攻撃します。Kaspersky Security for Internet Gatewaysは、ウイルス感染、情報漏洩、インターネットの利用妨害といった領域における重大なリスクを軽減します。

  • 多層型かつゲートウェイレベルの保護により、Webベースの最新の脅威に対抗
  • エンドポイントに到達する前に感染をブロック
  • ソーシャルエンジニアリング悪用の効果をなくす
  • ゲートウェイレベルの防御を即座に補完
  • インターネットリソースの使用制御により攻撃のリスクを軽減
  • 法令遵守の施策をサポート
  • 高度な攻撃を検知し、自動的に対応

製品を選択してください 0 ~ 0

サイバーセキュリティ層の戦略的配置

Kaspersky Security for Internet Gatewayは、企業のインフラストラクチャと外部との間で通信されるWebトラフィックを監視するプロキシサーバーとして機能します。攻撃の早い段階で防御し、リスクを軽減することにより、企業のITネットワークを保護します。これを実現するために備わっている多数の機能、使い勝手の良さ、他の追随を許さない保護品質により、Kaspersky Security for Internet Gatewayの導入は、サイバーセキュリティを実現するための確実なステップといえます。

多くのテストに参加し、多くの高い評価を獲得

セキュリティ業界最強の各種の保護テクノロジーを備え、送受信されるWebトラフィックにおける危険を識別、ブロック、無効化し、マルウェア、ランサムウェア、不審なプログラムを、誤検知率ほぼゼロでフィルター処理します。 Kaspersky Labのグローバルな脅威インテリジェンスに裏付けされた次世代のテクノロジーが組み込まれています。

業務の遂行を妨げないよう多層防御で最適化されたセキュリティ

カスペルスキーの卓越したマルウェア対策は、クラウドベースの強力なメカニズムを使った機械学習アルゴリズムに基づく層を含め、プロアクティブなセキュリティ層を複数備えています。 レピュテーション、コンテンツフィルタリング、アンチフィッシング、 トラフィックフィルターなど、カスペルスキーの多層防御がインフラストラクチャ全体にわたるセキュリティソリューションを提供します。

セキュリティと生産性の両面においてインターネット利用を管理

カテゴリを用いたWebアクセスの管理と、ファイル種別による転送の制限により、業務の効率を向上しつつ、脅威にさらされるリスクを低減します。 WebサイトおよびSNSへのアクセスを制限することにより、サイバー攻撃のリスクを軽減するだけではなく、ビジネスの阻害要因も防ぎます。

ITインフラストラクチャ全体に対する戦略的保護
ターゲットに到達する前に攻撃をブロック
ターゲットに到達する前に攻撃をブロック

Webベースの脅威はできるだけゲートウェイレベルでブロックするのが理想的かつ経済的です。脅威が一旦エンドポイントに侵入すれば、そこから攻撃を仕掛けられ、業務が中断され、修復に時間とコストがかかります。 企業においてはゲートウェイのセキュリティを最適化することが非常に重要で、エンドポイントレベルでの警報が少なくなればなるほど、インシデントの調査に費やされる時間も短くなります

人的要因に起因するリスクを軽減
人的要因に起因するリスクを軽減

ソーシャルエンジニアリングを悪用することに熟練している攻撃者は、何が従業員を引きつけ、業務を妨害する可能性が高いかを想定して攻撃をしかけます。この「人の脆弱性」を使って、クリック、添付ファイル、招待を通じてお客様のシステムに侵入してきます。 本製品のトラフィック処理ルールでは、SNSを含め、カテゴリに基づいたインターネットリソースへのユーザーアクセスを制御できます。 そのため、お客様のデータ、資産、従業員の安全が守られます。

ビジネスの成長に合わせて拡張
ビジネスの成長に合わせて拡張

このソリューションは拡張性が高く、複数のノード管理と階層的な配置が可能です。様々な部署や管理対象組織ごとに専用のエリア(ワークスペース)を割り当て、ポリシーを組み合わせながら個別に管理できます。Kaspersky Security for Internet Gatewaysは、他ベンダーのゲートウェイセキュリティ製品と共存できるため、境界保護の層を増やすことができます。

ビジネスニーズに合わせたインターネット利用制限
ビジネスニーズに合わせたインターネット利用制限

きめ細かいアクセスルール設定やトラフィックフィルターにより、具体的なビジネス運用、社内ポリシー、規制の各要件に従って、どのユーザーがどのインターネットリソースにいつアクセスできるようにするかを設定できます。 ファイル種別による送受信や、カテゴリによるWebリソースへのアクセスを制限できます。必要に応じてデフォルト拒否のシナリオを実装すれば、特定のユーザーやグループの業務にはまったく必要のないWebリソースの使用を制限でき、インターネットアクセスのコントロールによるリスク低減をレベルアップできます。

効率的な保守作業
効率的な保守作業

エンドポイントでセキュリティインシデントが発生すると、たとえそれが軽微なものであっても、IT管理者の作業が発生します。エンドポイントレベルで大規模な攻撃があると、大量に発生するアラートのチェックに膨大な時間がかかり、IT部門の大きな負担となります。 一般的にゲートウェイセキュリティのアラートは発生元が1つで、対応はより迅速で直接的です。このため、できるだけ脅威のアラートをゲートウェイレベルで処理するのが理想的です。

最も多く、最も高い評価を得たセキュリティソリューション
最も多く、最も高い評価を得たセキュリティソリューション

近年、カスペルスキーの製品は多くの第三者評価機関のテストに参加し、レビューを受けており、業界で最も多く第一位の評価を獲得しています。 これらの評価結果がソリューションの保護性能を証明しています。

関連情報

必要に応じてセキュリティ機能を追加できます
Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced
Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced拡張された管理機能とデータ保護によるセキュリティ強化
  • 多層防御セキュリティで物理エンドポイントとサーバーを保護
  • Windows、Linux、Mac、Androidなど、多様なプラットフォームに対応
  • 同じKaspersky Security Centerで一元管理
Kaspersky Security for Mail Server
Kaspersky Security for Mail Server多様なマルウェアよりLinuxメールサーバーを保護
  • 送受信メールと保存されているメールをスキャン
  • インテリジェントなスパムフィルタリングによって不要なトラフィックを削減
  • 機密データの漏洩を防止
Kaspersky Hybrid Cloud Security
Kaspersky Hybrid Cloud Security物理環境、仮想環境とクラウド環境上のワークロードを保護
  • 複数のワークロードや仮想デスクトップに対して多層保護を提供
  • ハイブリッドインフラストラクチャ全体に対する統合管理とオーケストレーションを提供
  • シナリオに沿った効率的な保護

システム要件