セキュリティオペレーションセンター

脅威を効果的に検知し、修復するツールと情報でSOCを強化

お問い合わせ

企業が自社のセキュリティ体制を向上せても、サイバー犯罪者はセキュリティの防衛線を突破するためのさらに高度な技術を考案します。サイバー攻撃によって得られる収入は莫大で、さらにセキュリティ上の脆弱性を探し出し、これを標的にしようと、ますます多くのサイバー犯罪者が知力を尽くしています。このようにセキュリティ上の問題に迅速に対応して解決していくために、セキュリティオペレーションセンター(SOC)やコンピュータセキュリティインシデントレスポンスチーム(CSIRT)の設置が増えています。


提供ソリューション

SOCの効果を最大化するためには、現在も進行している脅威環境で起きる変化に対処できる新しいテクノロジーと管理体制を備える必要があります。 以下はその主な要素です。

  • グローバルな脅威インテリジェンス

    グローバルな脅威インテリジェンス

    既に利用可能で、既存のセキュリティ管理と簡単に統合できます。

  • 脅威ハンティング

    脅威ハンティング

    重要な情報システムを標的とする既知と未知のサイバースパイ行為とサイバー犯罪活動の両方をリアルタイムで検知します。

  • 知識管理

    知識管理

    当社のセキュリティトレーニングプログラムは、基礎から、デジタルフォレンジック、マルウェア解析、インシデント対応に使用される高度な技術と必要なツールまですべてカバーし、組織はそれらの分野のサイバーセキュリティの知識を向上させることができます。

  • インシデント対応

    インシデント対応

    サイバー脅威に対処した幅広い実務経験と豊富な知識を持つスペシャリストが、悪意のある行動を迅速に特定し、隔離および拡散を阻止するお手伝いをいたします。

導入事例

Ferrari 社

ソリューション : Endpoint Security

Ferrari 社は、自社の IT セキュリティ戦略プロバイダーとして Kaspersky Lab...

詳しくはこちら

ロンドン市警察

ソリューション : Cybersecurity Services

...

詳しくはこちら*

Telefonica 社

ソリューション: Cybersecurity Services

...

詳しくはこちら*
導入事例一覧表示

ビジネス上のメリット

新たに発生する脅威をタイムリーに検知

脅威に関する社内データとさまざまな情報源(OSINTやグローバルなマルウェア対策ベンダーなど)から収集した情報を組み合わせることで、攻撃に使用される技術と攻撃の兆候を把握できるようになります。脅威ハンティングの実践は、既存のセキュリティ管理では検知されない未発見の攻撃を明らかにするのに役立ちます。これにより、組織が先進的な攻撃に対して効果的な防衛戦略を構築することができます。

チームに最新知識を提供

SOCは、ますます洗練されていく攻撃を回避、または兆候を察知できるよう実践から得られた知識や専門的な知識のリソースプールを提供する必要があります。SOCチームメンバーは、ますます高度になる攻撃を防ぎ、これらに適切に対応するための、デジタルフォレンジック、マルウェア解析、インシデント対応について十分なトレーニングを受けることが必要です。

迅速な復旧

最先端な攻撃をその場で阻止できるだけの、十分な社内リソースをもつ組織は多くありません。急な対応に備えるため、必要な専門知識のレベルを習得するのは困難です。このような場合では、十分な情報に基づく迅速な対応が可能な社外のインシデント対応ベンダーやコンサルティングファームと協力することが、コスト効率と生産性の面でも効果的であると考えられます。

適応型セキュリティフレームワーク

予測と防御によって、重大な被害に発展する前にインシデントの発生を防ぎます。検知と対処によって、被害の早期発見と修復を迅速に行います。このパラダイムでは、検知と対処は、予見と防御よりも多くのリソースやコストを必要とします。

実際にセキュリティ対策に必要な予算ではなく、ビジネスに与える影響を十分考慮し、安定したサービスの提供や目標復旧時間(RTO)を確実なものにするためには、セキュリティ対策の優先度を上げ、適切な経営資源を投入することが必要となります。

ホワイトペーパー

サイバーセキュリティソリューション

カスペルスキーのサイバーセキュリティソリューションにより、企業のセキュリティを保護

PDFのダウンロード*

サイバーセキュリティサービス

カスペルスキーのサイバーセキュリティサービスにより、企業のセキュリティを保護

PDFのダウンロード*

Cybersecurity Services

Kaspersky Labによって強化されたSOC

詳しくはこちら*
ホワイトペーパー一覧表示
 

リスク

最先端のサイバー脅威と戦うにはSOCを設置するだけでは十分でありません。さらに重要なのは、すでに進行中の脅威に対し、常に適用できるテクノロジー、ツール、プロセスを備えることです。このアプローチによって、以下のリスクを軽減できます。

  • 早急な対応が必要な脅威が、危険のない多くの警告に埋もれて見逃してしまう可能性

  • 脅威が検知できず、組織内で感染が拡大する可能性

  • 一定レベルの専門誌知識を維持できず、侵害の代償が増大する可能性

  • 非効率なインシデント対応により、復旧にかかるコストが膨らむ可能性

  • リスクを可視化できず、投資効果が不明瞭になる可能性

関連製品とサービス

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。