content/ja-jp/images/repository/isc/2019-images/Can-Mac-Get-Virus.jpg

新種のマルウェアによる攻撃のニュースを目にしても、Macユーザーは自分には関係のない話題と思ってしまうかもしれません。「Macはウイルスに感染せず、Windowsと比較して情報セキュリティの面でより安全なプラットフォームである」という考えは、多くの人から長年にわたって支持されてきました。しかし、そろそろこの「常識」を本格的に見直す必要がありそうです。

もはや「Macはウイルスに感染しない」とは言えません。Macの人気とともにユーザー数が増加し、マルウェアの攻撃手法も巧妙化するなかで、Macに対する攻撃の報告件数は増え続けています。また、Macを標的としたマルウェアが作成・拡散される件数が近年増加しているという報告もあります。ウイルスなどのマルウェアの被害にあう可能性は依然としてWindowsの方が大幅に高いものの、Macでもマルウェアの侵入は起こりうるのです。

Macを対象とするマルウェア以外の脅威で代表的なものは、各種のアドウェア、フィッシング詐欺、不審なプログラム(PuP)です。また、人間の心理につけ込んで認証情報や個人情報を収集しようとするさまざまなソーシャルエンジニアリングの手口には、Macを含めたどのプラットフォームでも注意が必要です。しかし、適切に危険を見きわめ、事前に対策を行えば、こうした攻撃によるトラブルや二次的な金銭被害を避けることができます。Macをより安全に使い続けるために、是非、弊社のエキスパートによる以下のアドバイスをお役立てください。

危険な兆候を見逃さない

ほとんどのマルウェアは、ユーザーに見つからないように悪さをするため、ユーザーは自分のコンピューターの感染にすぐには気づかない可能性があります。Macのマルウェア感染を示す兆候は次のようなもので、Windowsの場合と変わりません。

  • コンピューターの動作が遅くなった。
  • 検索やネットショッピング関連の機能を備えたツールバーが、インストールした覚えもないのに突然表示されるようになった。
  • Webサイトの検索結果で選択したページとは異なるページに転送される。
  • 閲覧中のページにたくさんの広告が表示される。
  • 身に覚えのないポップアップが表示される。

こうした兆候に気づいたら、まずは保存されているキャッシュとダウンロードファイルを削除します。

より安全なブラウザーを使用する

インターネットで検索すること全般を「ググる」と呼ぶほど、Googleの利用率は高まりました。しかし、ブラウザーとしてGoogle Chromeを使うべきかどうかには議論の余地があります。専門家は次の三つの理由から、Macに標準で付属しプライバシー保護に優れたSafariの使用を推奨しています。

第一に、Googleはユーザーの閲覧データを収集し、広告表示に使用しています。第二に、高度なオンラインセキュリティ対策の一つとして、Safariは新しいアカウントの作成時にランダムな文字列からなるパスワードを自動生成できる機能を搭載しています。第三に、Safariでは、ダウンロードしたすべてのファイルに対して一定のチェックを行い、システムにとって脅威かどうかを判定しています。何か不審な点があれば、ユーザーはいつでもダウンロードを取り消すことができます。

常に最新のアップデートを適用する

Mac OSや使用中のソフトウェアに適用できるアップデートが配布されたら、すぐに適用しましょう。「Appleがバグを発見して修正する」までは適用を控えた方がよいと考えるユーザーもいますが、その判断にはリスクがあります。Mac OSのアップデートは重大な問題への対応を目的としており、これには安全性やセキュリティに関するものも含まれます。こうしたアップデートのインストールを遅らせてしまうと、その期間、コンピューターが攻撃の被害にあうリスクが高まります。App Storeにアクセスして、使用中のソフトウェアとMac OSが最新バージョンであることを確認してください。また、App Storeでは、過去30日間にインストールされたすべてのアップデートのリストを表示してアップデート履歴を確認できます。

パスワードの安全にも気を配る

Macで一番簡単に実行できて、効果も高いセキュリティ対策は、パスワードを安全に管理することと、サイバー犯罪者が推測できない強力なパスワードを使用することです。パスワードには必ず、数字と記号を含めましょう。さらにセキュリティを強化するには、iCloudキーチェーンの使用もお勧めです。すべてのパスワードとクレジットカード情報を、暗号の壁に守られた状態でMacに保存できます。詳しい設定手順などが分からない場合は、Appleのサポート記事を参照するか、Appleのサポートへ問い合わせてください。

セキュリティ対策製品の利用を積極的に検討する

MacユーザーはMac向けのセキュリティ対策製品の必要性を見落としがちです。しかし、ランサムウェアやアドウェアからコンピューターを保護し、ネットショッピング中に口座・クレジットカード情報や個人情報を保護する上で最も効果的なのは、専用のセキュリティ対策製品を使用することです。心配するほどコンピューターの速度が低下することもなく、少しの費用で、安心してMacを使用できます。

関連するカスペルスキー製品

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Macの無料体験版

Macはウイルスに感染するのか:Macユーザーのためのセキュリティ対策

「Macはウイルスに感染しない」とはもはや言えなくなりました。Macにもぜい弱性が存在し、サイバー犯罪者によるMacを標的とした攻撃件数も増え続けている現状を踏まえ、この記事ではMacユーザーのためのセキュリティ対策を紹介しています。
Kaspersky Logo