content/ja-jp/images/repository/isc/2017-images/malware-img-07.jpg

「コンピューターに広告が表示される」、「Webサイトを検索で探すと広告目的のWebサイトにリダイレクトされる」、「訪問したWebサイトの種類などマーケティング関連のデータが収集され、表示される広告が自分の興味に合わせてカスタマイズされているようだ」・・。

これらに身に覚えがあるなら、アドウェアというプログラムがコンピューターに侵入しているのかもしれません。

アドウェアは、データの収集にユーザーの同意が伴う点で、許可なく情報収集するトロイの木馬型スパイウェアとは異なります。アドウェアが、ユーザーには何も通知せずに情報収集している場合、それはトロイの木馬型スパイウェアの機能を備えるマルウェアと同じく、不正なソフトウェアであると考えられます。

アドウェアがユーザーに与える影響

アドウェアは、一般的に、広告の表示やデータの収集以外でその存在を認知されることがありません。通常、アドウェアのプログラムは、コンピューターの通知領域に表示されず、インストールされたファイルもプログラムメニューからの確認もできません。

アドウェアがコンピューターにインストールされる主な経路は、次の二つです。

  • フリーウェアやシェアウェアを経由して侵入
    フリーウェアやシェアウェアに組み込まれてアドウェアがコンピューターに侵入することがあります。そのフリーウェアやシェアウェアの開発や配布にかかる費用を広告収入でまかなうため、アドウェアを組み込むという正規の方法です。
  • 感染したWebサイトを経由して侵入
    感染したWebサイトへ訪問することで、許可なくアドウェアがコンピューターにインストールされる可能性があります。多くの場合、ハッキング技術が利用されます。たとえば、ブラウザーのぜい弱性を悪用してコンピューターに侵入された後、ユーザーに気づかれることなくインストール活動を行うトロイの木馬型マルウェアが展開されてしまうこともあります。このような役割を担うアドウェアは、ブラウザハイジャッカーと呼ばれます。

アドウェアから身を守る方法

多くの場合、アドウェアのプログラムには、アンインストール方法が用意されておらず、コンピューターへ侵入し、気付かれることなく実行するという、マルウェアと同様の技術も使われています。一方、アドウェアを正規の理由でコンピューターにインストールした可能性もあるため、セキュリティ対策製品は、アドウェアのプログラムがユーザーを脅かすものであるか断定はできません。カスペルスキー製品では、アドウェアを検知するかどうか、また、検知したアドウェアの対処方法を以下のように選択できます。

  • アドウェアを削除する場合
    • ユーザーがアドウェアを疑わしいと判断する理由はさまざまです。「カスペルスキーのアンチウイルスエンジンが検知した、だからこのアドウェアは脅威なのだろう」そう判断するユーザーもいるでしょう。「そのプログラムのインストールを許可した覚えがなく、プログラムの出処すら分からない」または「カスペルスキーのWebサイトでプログラムの解説を読み、安全性に疑問を持った」という理由もあります。
      このような場合、カスペルスキーのセキュリティ製品で、そのアドウェアを削除できます。
  • アドウェアを検知しない場合
    • アドウェアが検知されるが、ユーザーの同意の上でインストールされたことが確実なプログラムである場合は、プログラムが端末やデータを侵害することはないだろうと判断できます。カスペルスキー製品では、このようなプログラムはオプションで検知を無効にできます。または、特定のプログラムを検知除外リストに追加して、アンチウイルスエンジンがこのアドウェアを不正なプログラムとして検知しないようにすることができます。

多くのフリーウェアおよびシェアウェアのプログラムでは、そのプログラムを登録または購入すると、広告の表示を停止します。ただし、ビルトインのサードパーティ製のユーティリティを使用しているアドウェアのプログラムもあり、プログラムを登録または購入しても、このようなアドウェアのユーティリティはコンピューターにインストールされたままになることがあります。一部のプログラムでは、アドウェアのコンポーネントを削除すると、そのプログラム自体が動作しなくなることもあります。

ソフトウェアの世界の厄介者「アドウェア」の正体

アドウェアは、広告の表示やデータの収集目的で作成されたものです。フリーウェアやシェアウェア、感染したWebサイトを経由してコンピューターに侵入します。
Kaspersky Logo