Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced

Kaspersky
Endpoint Security for Business
ADVANCED

比類のない適応型セキュリティ

企業には高度に保護が必要な機密データが多くあります。自動化されたセキュリティで高度な脅威を検知する一方で、サーバーの保護力強化によって、アプリケーションコントロール、Webコントロール、およびデバイスコントロールによる高性能な保護を向上させ、企業情報および財務情報の窃取を防止します。

  • 脆弱性の検知とパッチの適用により、攻撃の入口を削減
  • OSとソフトウェアの展開タスクを自動化することで作業時間を軽減
  • クラウドコンソールまたはWebコンソールによって、セキュリティの一元管理を合理化
  • 紛失したデバイスからのデータ漏洩による損害を防ぐためにデータを暗号化

Kaspersky Endpoint Security for Business Advancedには、Kaspersky Endpoint Security for Business Selectのすべての機能に加え、セキュリティをさらに強化するテクノロジーが含まれます。

デスクトップとサーバーのノード数を入力 0 ~ 0

高度なエンドポイント管理

脆弱性を検知して、さらに最新のパッチを適用し、攻撃の入り口となるポイントを削減します。さらに管理者は、サーバー上で実行を許可するアプリケーションを管理できます。エンタープライズクラスのWebコントロールとデバイスコントロール、および一元化されたセキュリティ管理コンソールが、その機能を補完します。

全体を保護する適応型セキュリティ

ホストベース侵入防止システム(HIPS)によって、リアルタイムで攻撃をブロックします。脆弱性を検知して、しかも最新のパッチを適用し攻撃の入り口となるポイントを削減します。管理者は、サーバー上で実行を許可するアプリケーションを管理できます。

サーバーおよびデータに対する保護の強化

LinuxおよびWindows Server向けのセキュリティは、高性能のサーバー向けに開発されてきました。暗号化機能に加え、OS組み込み型のファイアウォールおよび暗号化管理によって、企業と顧客の情報を保護し、GDPRなどの重要なコンプライアンス対応を行うことができます。

システム管理を簡素化

システムイメージの作成、保存、および複製などのソフトウェアタスクを自動化して、新しいシステムの展開や既存システムのソフトウェアの更新に必要な時間を節約できます。

先進的なオープン性

カスペルスキーは、最高レベルの透明性とデータ主権に加えて、中立性も提供しているパイオニアです。地政学的に中立なスイスでコアデータを処理しています。またパートナーはそこでソースコードを確認できます。

本製品のメリット
新しい脅威に対応するエンドポイントセキュリティを実現
新しい脅威に対応するエンドポイントセキュリティを実現

カスペルスキーは、他社よりも多くの高度な脅威を検知し、その革新性が高く評価されています。当社のセキュリティは、IT環境がオンサイトにある場合も、アウトソーシングされている場合も、新たな脅威からIT環境を守るよう適応することができます。

コストとTCOを厳密にコントロール
コストとTCOを厳密にコントロール

カスペルスキーの製品には、アダプティブアノマリーコントロールなど、複数のセキュリティテクノロジーが含まれているため、1つのEPP製品を購入するだけで済みます。また専任のITセキュリティチームがなくても、本製品を容易にご利用いただけます。

パフォーマンスと多層保護を両立
パフォーマンスと多層保護を両立

 セキュリティによって、パフォーマンスを低下させることがあってはいけません。そのため、カスペルスキーの適応型セキュリティは、システムのパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えています。エンドポイントコンポーネント用の独自のクラウドモードでは、グローバルな脅威インテリジェンスを使用して、PCのリソースに与える影響を最小限に抑えながら、強力な防御を提供します。

パフォーマンスと信頼性のある保護を両立
パフォーマンスと信頼性のある保護を両立

受賞にいたった評価ポイントも重要です。カスペルスキーの製品は、長年に渡り多くの顧客調査と第三者評価機関のテストに参加し、業界で最も多く第一位の評価を獲得しています。カスペルスキーの受賞歴をご覧ください。

電源をオンにするだけで、管理チームとMSPのための柔軟な一元管理を実現
電源をオンにするだけで、管理チームとMSPのための柔軟な一元管理を実現

ロールベースのモデルにより、チーム内での権限をそれぞれ分けて設定することができます。管理コンソールは、各管理者が必要なツールとデータにしかアクセスできないように構成できます。

管理の時間を削減できます
管理の時間を削減できます

新しいエンタープライズグレードのSaaSコンソールにより、オンプレミスのメンテナンスタスクに妨げられることなく、お客様のチームはイベント処理のような重要なタスクに集中できます。

レベルごとの比較

お客様の事業に合わせて最適なオプションをお選びください。さらに機能を加えたいですか?次のレベルにアップグレードさせてください。

PC、Linux、Mac、Android、iOS向けの防御

PC、Linux、Mac、Android、iOS向けの防御

PC、Linux、Mac、Android、iOS向けの防御

アプリケーションおよびターミナルサーバー向けの防御

アプリケーションおよびターミナルサーバー向けの防御

アプリケーションおよびターミナルサーバー向けの防御

ウェブゲートウェイおよびEメールサーバー向けの防御

ウェブゲートウェイおよびEメールサーバー向けの防御

ウェブゲートウェイおよびEメールサーバー向けの防御

モバイルの脅威からの防御

モバイルの脅威からの防御

モバイルの脅威からの防御

PC向けのアプリケーション、Web、端末の管理

PC向けのアプリケーション、Web、端末の管理

PC向けのアプリケーション、Web、端末の管理

ふるまい検知、修復エンジン

ふるまい検知、修復エンジン

ふるまい検知、修復エンジン

脆弱性評価&脆弱性攻撃ブロック

脆弱性評価&脆弱性攻撃ブロック

脆弱性評価&脆弱性攻撃ブロック

環境変数許可およびHIPS

環境変数許可およびHIPS

環境変数許可およびHIPS

AMSI、Microsoft Active Directory、Syslog、RMM、PSA、EMMとの連携

AMSI、Microsoft Active Directory、Syslog、RMM、PSA、EMMとの連携

AMSI、Microsoft Active Directory、Syslog、RMM、PSA、EMMとの連携

Kaspersky SandboxとKaspersky EDR Optimumの統合

Kaspersky SandboxとKaspersky EDR Optimumの統合

Kaspersky SandboxとKaspersky EDR Optimumの統合

Web/Eメールの脅威保護およびサーバーコントロール

Web/Eメールの脅威保護およびサーバーコントロール

Web/Eメールの脅威保護およびサーバーコントロール

アダプティブアノマリーコントロールおよびパッチ管理

アダプティブアノマリーコントロールおよびパッチ管理

アダプティブアノマリーコントロールおよびパッチ管理

暗号化およびOS内蔵型の暗号化管理

暗号化およびOS内蔵型の暗号化管理

暗号化およびOS内蔵型の暗号化管理

高度なSIEM連携、OSおよびサードパーティソフトウェアのインストール

高度なSIEM連携、OSおよびサードパーティソフトウェアのインストール

高度なSIEM連携、OSおよびサードパーティソフトウェアのインストール

コンテンツフィルタリングの受信と送信

コンテンツフィルタリングの受信と送信

コンテンツフィルタリングの受信と送信

ゲートウェイレベルでのスパム対策

ゲートウェイレベルでのスパム対策

ゲートウェイレベルでのスパム対策

ゲートウェイレベルでのウェブトラフィックセキュリティおよびウェブコントロール

ゲートウェイレベルでのウェブトラフィックセキュリティおよびウェブコントロール

ゲートウェイレベルでのウェブトラフィックセキュリティおよびウェブコントロール

1基本的なロールベースアクセスコントロールと、Syslogを通じたSIEMシステムとの連携機能を、Kaspersky Endpoint Security for Business Selectで使用できます。

関連データシート

参考資料

必要に応じてセキュリティ機能を追加できます。

Kaspersky Security for Mail Server
Kaspersky Security for Mail Server多様なマルウェアよりLinuxメールサーバーを保護
  • 送受信メールと保存されているメールをスキャン
  • インテリジェントなスパムフィルタリングによって不要なトラフィックを削減
  • 機密データの漏洩を防止
Kaspersky Security for Internet Gateway
Kaspersky Security for Internet Gateway企業のインターネットアクセス環境を保護
  • HTTP(s)、FTP、SMTPおよびPOP3のスキャン
  • インターネットの使用を管理
  • マルチテナントアーキテクチャによって複数のインフラストラクチャを保護
Kaspersky Sandbox
Kaspersky Sandbox標的型脅威に対する自動保護
  • Kaspersky Endpoint Security for Businessと連携し、更に強化
  • 特許取得済み独自テクノロジー
  • ITセキュリティ担当者が確保できなくても高度な防御を実現
Kaspersky Managed Detection and Response
Kaspersky Managed Detection and Response回避型脅威に対する保護の管理
  • 回避型脅威の検知と対応
  • リアルタイムの状況認識とコントロール
  • 高速で拡張性に優れたターンキー展開

システム要件

最新のシステム要件は、カスペルスキーのサポート情報を参照してください。

サブスクリプション版のバージョン要件

Kaspersky Endpoint Security for Businessは、柔軟な月額ライセンスのサブスクリプション版でもご購入いただけます。サブスクリプション版の利用可否については、販売パートナーまでお問い合わせください。サブスクリプション版に関するシステム要件については、こちらをご覧ください。

  • 一般要件
    • CPU:SSE2命令セットをサポートする1GHzのプロセッサ(ワークステーションの場合)(サーバーの場合は1.4GHz)
    • RAM:32ビットOSの場合は1GB(64ビットOSまたはサーバーの場合は2GB)
    • ハードディスク容量:2GB以上の空き容量

    オペレーティングシステム
    • Windows 10(すべてのバージョン)
    • Windows 8.1
    • Windows 8
    • Windows 7(すべてのバージョン)、サービスパック1以降
    • Windows Server 2008 R2(すべてのバージョン)、サービスパック1以降
    • Windows MultiPoint Server 2011以降
    • Small Business Server 2011以降

    仮想プラットフォーム
    • VMWare Workstation 16 Pro以降
    • VMWare ESXi 7.0U1a以降
    • Microsoft Hyper-V 2019 Server以降
    • Citrix Virtual Apps and Desktops 7 2009以降
    • Citrix Provisioning 2009以降
    • Citrix Hypervisor 8.2 LTSR以降