メインコンテンツにスキップする
2024年2月21日 - 比較テスト
~ 「Kaspersky Managed Detection and Response」と「Kaspersky Incident Response」の卓越性と影響力に評価 ~
2024年2月15日 - ウイルスニュース
Pegasusは、標的のiPhoneやiPadからデータを収集し監視する能力を持ちます。当社はiOSを狙う高度なスパイウェアを検知する新しい簡便な手法を公開し、また、iOSユーザー向けにセルフチェックユーティリティを提供します。
2024年2月08日 - ウイルスニュース
官民連携のプロジェクトによって実施された「Synergia」作戦は、インターポールに加盟する50カ国以上で展開され、フィッシング、マルウェアやランサムウェアによる攻撃で使用される悪意のあるインフラの停止を中心に行われました。当社は世界各地の悪意のあるインフラに関する脅威インテリジェンスデータを提供し、捜査に協力しました。取り組みの結果、1,300台の不審なサーバーが特定されその7割に対して停止措置を講じることができ、複数の国で容疑者の逮捕にもつながりました。
2024年2月06日 - ウイルスニュース
ランサムウェアによって暗号化されたファイルを復号するツールは、官民連携のランサムウェア対抗プロジェクト「No More Ransom」および当社の専用ポータルサイト「No Ransom」で提供しています。
2024年2月01日 - ビジネスニュース
2004年以来、お客様、パートナーの皆様をはじめ、多くの方々に支えられてこれまで事業を継続することができました。引き続き、皆様が安心してインターネットの利便性を享受いただけるような製品やサービスの提供に努めてまいります。
2024年1月30日 - 比較テスト
年間最優秀製品賞の受賞は通算7度目となり、また同賞を7回獲得したサイバーセキュリティベンダーは当社が唯一です。
2024年1月25日 - ウイルスニュース
昨年はダークウェブ市場で情報窃取型マルウェアや恐喝に関する活動が大幅に増加しました。2024年は、クリプトドレイナー(暗号資産抜き取り) サービスの増大や高度な「ローダー」の提供、検索連動型広告を悪用した偽サイトの宣伝の増加などを予測しています。
2024年1月18日 - 製品ニュース
過去2年間に自社でサイバーインシデントが発生したと回答した人のうち、従業員が意識的に情報セキュリティポリシーに違反したことが原因のひとつとする回答が26%に上りました。これはマルウェアに起因するセキュリティ侵害を原因とする30%と大差ない結果となり、従業員によるポリシー違反は、外部からのサイバー攻撃と大差なく危険であるということが判明しました。
2024年1月11日 - ウイルスニュース
Appleが設計したシステムオンチップ(SoC)の脆弱性は、当社が昨年調査結果を発表した同攻撃活動のカギとなっており、攻撃者はこの非公開のハードウェア機能とその脆弱性を発見し利用して、バージョン「iOS 16.6」までのiPhone上のハードウェアベースのメモリ保護を回避していました。
2024年1月05日 - ビジネスニュース
設立20周年を機に、最先端セキュリティサービスの提供を日本でもさらに拡充いたします。
  • 1 /122