サービス

Kaspersky Targeted Attack Discovery

セキュリティアナリストによるハンズオン形式の脅威ハンティングサービス

提供ソリューション

最新の攻撃は、攻撃の被害者が導入している保護ツールを認識しており、既存の自動セキュリティコントロールを回避するように開発されています。そのような攻撃が検知されずにいると、脅威が数か月もの間、組織内に潜んでいる可能性があります。侵害アセスメントツールは、既存の検知および防止システムが十分であるかどうかを理解するための効果的な方法です。これにより、過去および継続中の攻撃を特定し、最も効果的な対策を講じることができます。

包括的な分析

脅威インテリジェンス、脆弱性評価、インシデント調査などのアプローチを組み合わせて、侵害の発生を検知

プロアクティブな軽減

セキュリティインシデントをタイムリーに特定することで、事前にその影響を軽減し、将来的にも同様の攻撃からリソースを保護

お勧めしたいお客様(業種)

本ソリューションは、これらの業種におけるセキュリティ要件、課題や制約を対処するのに適しています。

ビジネス上のメリット

  • 現在または過去のサイバー攻撃を迅速に特定

    • 現在攻撃を受けているかどうかを特定し、攻撃の性質と攻撃者を把握
    • 脅威が潜んでいるシステムを特定
    • 攻撃によるシステムへの影響を把握
  • 詳細なレポートに基づいた対応策を計画

    • 脅威と攻撃の痕跡(IOC)について収集されたインテリジェンスの分析
    • 考えられる攻撃元と侵害されたネットワークコンポーネントの説明
    • インシデントの影響を軽減し、将来の攻撃を防止するための対応に関する推奨事項
  • カスペルスキー独自の専門知識をサービスに活用

    • 標的型攻撃に関する効果的な調査の確かな実績
    • 世界中の1億を越えるノードをつなぐクラウドレピュテションネットワーク
    • すべての業種にわたる多数のセキュリティ評価を毎年実施

脅威

最近の調査によると、セキュリティインシデントの大部分はまだ検知されていません。自動化されたルールやシグニチャベースの検知メカニズムだけに頼ると、以下の検知に失敗するリスクを冒すことになります。

  • <p>マルウェアを使わない攻撃</p>

    マルウェアを使わない攻撃

  • <p>これまで知られていなかったツールを使った攻撃</p>

    これまで知られていなかったツールを使った攻撃

  • <p>お客様のITインフラで既に実行されている高度な攻撃</p>

    お客様のITインフラで既に実行されている高度な攻撃

  • <p>ゼロデイの脆弱性を悪用する攻撃</p>

    ゼロデイの脆弱性を悪用する攻撃

  • <p>サイバースパイ活動</p>

    サイバースパイ活動

  • <p>ファイルレス攻撃</p>

    ファイルレス攻撃

関連製品とサービス