あなたを保護する最新の脅威インテリジェンス

Kaspersky Security Network(KSN)は、複雑かつグローバルなサイバー脅威データを収集および処理して利用可能な脅威インテリジェンスに変換し、カスペルスキーの製品で活用するために設計されたインフラストラクチャです。

KSNはサイバー攻撃から保護するための、グローバルレベルで連携された最も重要なソリューションです。主な脅威関連データは当社製品を利用している世界中の数百万のお客様から同意を得た上で収集されます。お客様からの匿名化されたデータの共有とカスペルスキーのAIおよび専門家によるそれらデータの分析により、最新のサイバー脅威に迅速に対応、誤検知の数を削減し、最高レベルの保護を実現します。

このグローバルでのデータ処理は、Kaspersky Security Networkの原則と当社のプライバシーポリシーにおける信頼性とプライバシー保護に基づいています。

  1. オブジェクトやアドレスに関する匿名化された検知データおよびレピュテーションデータは、世界中の当社のお客様によって自発的に提供されます。この継続的でリアルタイムなインテリジェンスが、Kaspersky Security Networkの生命線となっています。
  2. さらに我々のGReATチームやAnti-Malware Researchチームの研究により、脅威インテリジェンスに関するデータプールが補強されます。
  3. 収集された脅威インテリジェンスは、Kaspersky のエキスパートの監督のもと、データサイエンスベースのアルゴリズム(機械学習)を用いて処理されます。
  1. 結果として得られた実用的な脅威インテリジェンスは「対応ストレージ」に保管され、すべてのお客様がご利用いただけるようになります。
  2. 導入済みのセキュリティソリューションが認識できない脅威に遭遇した場合は、クラウドに情報を要求します。
  3. Kaspersky Security Networkを通じて瞬時に検知結果またはレピュテーション情報を取得できます。
  4. 業種別サイバーセキュリティ、アラートトリアージ、およびオーダーメイドの脅威データに関するフィードと分析については、 カスペルスキーの脅威インテリジェンスサービスをご利用ください

ホワイトペーパー

Kaspersky Security Networkでは、数多くのテクノロジーとプロセスが緊密に連携しています。詳しくは、カタログやホワイトペーパーをご覧ください。

  • Kaspersky Security Network:
    ビッグデータに基づく強力なセキュリティ

    Kaspersky Security Network および、そのプライベートバージョンであるKaspersky Private Security Networkの概要はこちら(英語)よりご覧いただけます。

  • 機械学習と人間の専門知識

    AIテクノロジーと人間の専門知識を組み合わせたKaspersky HuMachineの詳細はこちら(英語)よりご覧いただけます。

  • 機械学習によるマルウェアの検知

    カスペルスキーの製品に搭載されたデータサイエンスベースのテクノロジーの詳細はこちら(英語)よりご覧いただけます。

Kaspersky Security Networkが継続的に監視する脅威インテリジェンスは以下の製品で利用されています。*

お客様にご提供いただく情報の処理

当社のグローバルな透明性への取り組みの一環として、一部地域について、データの保管と処理をスイスのチューリッヒにある2つのデータセンターに移転しました。2018年11月以来、ヨーロッパのお客様から自発的に提供されたファイルを、業界標準に完全準拠する世界トップレベルの施設であるスイスのデータセンターで処理することで、最高水準のセキュリティを確保しています。この施設で処理するデータには、自動マルウェア分析のためにKSNに送信された疑わしいファイル、未知の悪意あるファイル、および関連するメタデータが含まれます。

お客様から提供される情報は、データの送信中も含め、暗号化、デジタル証明書、分離されたストレージや厳しいデータアクセスポリシーなど、厳格な業界標準に従って匿名化および保護されます。当社のデータ処理の基本原則の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

[*]印の付いているドキュメントおよびビデオは、英語です。