Product

Kaspersky Security for Microsoft Office 365

Microsoft 365 の通信・共同作業用サービスのための、高度なオールインワン脅威対策

製品

デジタル・トランスフォーメーションの中心における「安心」を提供

Kaspersky Security for Microsoft Office 365は、Microsoft 365のコミュニケーションとコラボレーションサービスにおける脅威から保護する高度なオールインワンのソリューションで、ベンダーロックイン(ベンダーへの依存性)がなく、無駄の多いシェルフウェアもありません。

マイクロソフトにデフォルトで組み込まれているセキュリティ制御では、基本レベルのセキュリティしか提供されませんが、Kaspersky Security for Microsoft Office 365 なら、既知の脅威や未知の脅威のほか、高度な脅威などにも対処します。高度なヒューリスティック、機械学習、その他の次世代技術を活用して、ランサムウェア、悪意のある添付ファイル、スパム、フィッシング、ビジネスメール詐欺(BEC)、未知の脅威から、クラウド指向の企業様を保護ます。

Kaspersky Security for Microsoft Office 365は、非常に優れたセキュリティ機能を提供します。

  • SE Labsのメールセキュリティテスト(SE Labs’ email security test)で、AA評価を獲得

レポートをダウンロード

フィッシングおよびビジネスメール詐欺を阻止

フィッシングとは、ネットワークにマルウェアやランサムウェアを送り込む手段です。実際のところ、悪意のあるリンクをクリックするのはユーザーの4%にすぎませんが、感染を広めるにはそれで十分なのです。 Kaspersky Security for Microsoft Office 365は、SPF、DKIM、DMARCといった実証済みの技術に加えてサンドボックスや機械学習も活用し、ユーザーがミスをする前に脅威を取り除きます。

あらゆる Microsoft 365 サービスのための迅速で高度な脅威対策

OneDrive、SharePoint Online、Teamsなどの、Microsoft 365 アプリは、チャットやファイル転送のツールとしてユーザーに信頼されているため、マルウェアの格好のキャリアになり、企業内でマルウェアが配信されてしまう原因になります。Kaspersky のマルウェア対策エンジンは、シグネチャーベースのセキュリティ対策、ヒューリスティック分析、動作分析を組み合わせ、Microsoft Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Teamsなど、ユーザーに人気のある、あらゆるアプリに潜む高度な脅威を即座に検出することができます。

コンプライアンス要件を満たすクラウドデータの可視化

クラウド内のデータを継続的に監査することで、コンプライアンスに対応します。事前設定されたテンプレートにより、個人特定情報や支払いデータに関連する機密情報を特定して、修復を実施してデータ整合性を維持し、コンプライアンス目標を達成できます。クラウドアプリケーション内で、オンデマンドのキーワード検索や、すべてのデータに対する履歴スキャンを実行します。

製造元ロックインからの解放

多くの製造元は開始時に、魅力的な割引を提供しますが、拡張したいなどの理由でラインを切り替えようとすると、その費用は急激に増加します。既知のセキュリティギャップがあるソリューションは、ロックイン(依存性)があればさらに問題です。Kaspersky Security for Microsoft Office 365では、製造元のロックインがなく、不要な機能に料金を払う必要もなく、ライセンスされた機能だけを利用できます。

お勧めしたいお客様(業種)

本製品は、特に以下の業種におけるセキュリティ要件、問題や制約に対処するのに適しています。

メリット

  • フィッシングやマルウェアの感染を防ぐ

    • Microsoft 365のセキュリティ面でのマイクロソフトのセキュリティギャップを埋めるための補完的な保護を、「最も多くのテストに参加し最高の評価を獲得している」ベンダーが提供。
    • マルウェア、フィッシングに対する高い防護性能を有し、巧妙に仕組まれた添付ファイルもフィルタリング。
    • 進化するサイバー攻撃を阻止し、OneDrive、SharePoint Online、Teams に保存されている企業様の電子メールやファイル内に潜む、未知のゼロデイ攻撃マルウェアもブロックします。
  • 高度な検知手法

    • 統合された一連のテクノロジーにより、さまざまな既知の脅威や未知の脅威から、Microsoft Exchange Online、OneDrive、SharePoint Online、Teams を守るセキュリティソリューションです。
    • 高度なヒューリスティック、機械学習、その他の次世代技術を活用して、ランサムウェア、悪意のある添付ファイル、スパム、フィッシング、ビジネスメール詐欺(BEC)、未知の脅威からビジネスを保護します。
    • 攻撃を受けた後や不審なメールボックスを適宜チェックした後に、メールアカウントをクリーンな状態に戻す、オンデマンドの保護。
  • シームレスな統合

    • サービスとしてのセキュリティ(SECaaS)とサービスとしてのソフトウェア(SaaS)を統合し、低コストで高度なセキュリティや俊敏なサービスを提供します。また、システムの拡張も容易です。
    • Graph API、Exchange Online cmd-letsその他のマイクロソフト認定技術を使用して、Exchange Onlineを統合。
    • カスペルスキーのアプリケーションに同意していただくだけでお手軽に、企業様ご利用の Microsoft OneDrive、SharePoint Online、Teams と OAuth 2.0 をセキュアに統合することができます。
24

時間年中無休のプレミアムサポート

必要なときにいつでも、エキスパートの支援が得られます。世界34箇所の事業所から、200か国以上を対象に、24時間年中無休のサービスを提供しています。カスペルスキーのセキュリティ製品を有効活用してROIを最大化するには、当社のプレミアムサポートパッケージをご利用になるか、当社のプロフェッショナルサービスにご連絡ください。

脅威

現在でも、電子メールはあらゆるタイプの組織を攻撃し、ビジネスを混乱させるために最もよく利用されている侵入経路の一つです。またマルウェアは通常、メールを介して送信され、クラウドストレージにホストされます。以下の影響を受けるかどうかは、選択するMicrosoft 365セキュリティソリューションに依存します。

  • <p>感染したメールまたは添付ファイルを利用したランサムウェア攻撃</p>

    感染したメールまたは添付ファイルを利用したランサムウェア攻撃

  • <p>従業員や企業をだますフィッシング詐欺</p>

    従業員や企業をだますフィッシング詐欺

  • <p>過度に自動化されたアンチスパムによって引き起こされる「誤検知」による時間の浪費</p>

    過度に自動化されたアンチスパムによって引き起こされる「誤検知」による時間の浪費

  • <p>企業の Microsoft OneDrive、SharePoint Online、またはTeams を介して拡散するマルウェア</p>

    企業の Microsoft OneDrive、SharePoint Online、またはTeams を介して拡散するマルウェア

  • <p>リソースを大量に消費するスパム</p>

    リソースを大量に消費するスパム

  • <p>データ保護法への非準拠</p>

    データ保護法への非準拠

業界における評価

Kaspersky Security for Microsoft Office 365は、AA評価の非常に優れたセキュリティ機能を提供します。

関連製品